朝日新聞の大阪版に紹介されました

一週間前のことになりますが、『古墳空中探訪』が朝日新聞の大阪版夕刊に載りました。著者の梅原さん、今尾さんに取材して、カラー誌面で紹介していただきました。ありがたいことです。全国版でも出ないかなあ〜。売れ行きも好調です。感謝。

『古墳空中探訪』見本出来ました!

【新刊案内】

『古墳空中探訪』奈良編/列島編の見本出来ました!
○B5判128ページ/オールカラー
○定価2800円+税
古墳を空からみる! 空撮専門の写真家のベストショットをオールカラーで収録した考古学書を2冊同時に出版します。4月10日発売!

古墳を空からみると、山・平野・川・海などの地形と道、港などの人文要素と古墳の関係が見えて来ます。空撮専門の写真家として、50年近くにわたって、空から古墳を撮りつづけてきた著者のベストショットをオールカラーで収録した「空から見た古墳」の決定版。墳丘のアップだけでなく、地形図や実地に歩いた調査を踏まえて、周囲の地形や景観を入れた俯瞰写真を多く収録し、古墳の立地や勢力関係がよくわかる、考古学の研究者やファン必携の本です。
【奈良編】では、箸墓古墳をはじめとする纒向・柳本・大和古墳群や佐紀古墳群、馬見古墳群、飛鳥の終末期古墳など、奈良盆地の主要60古墳・古墳群/カラー写真100枚を収録。
「四方を山に囲まれている奈良盆地の広さは、東西約十五キロ、南北約三十キロ。セスナ機で飛ぶと北から南まで約十分で通過する狭い範囲だが、上空から見ると、奈良盆地はまるで古代史の宝箱だ」
【列島編】では、大阪の百舌鳥・古市古墳群や今城塚古墳をはじめとして、近畿周辺の古墳、東の古墳王国・群馬の古墳、西都原古墳群など、列島の主要90古墳・古墳群/カラー写真130枚を収録。
「各地の古墳を空撮していくと、いずれも海や山、川といった地形と地理的特色をうまく利用し、耕地や道路、港といった産業上・交通上の重要な地点をおさえるように造営されていることが観察できる」

【著者紹介】
梅原章一(うめはら・しょういち)
1945年、兵庫県生まれ。
日本写真専門学校卒業。
写真スタジオ、航空写真プロダクションを経て、梅原章一写真事務所を開設。日本写真家協会会員。
1970年代より古墳の空撮をはじめ、今までに撮影飛行した回数は数知れず。全国の古墳を撮影している。2000年にそれらの写真をまとめた『空からみた古墳』(学生社)を刊行。また、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の常設展示図録『大和の考古学』、『図説 日本の古代』(中央公論社)、『日本の古代遺跡』シリーズ(保育社)、報告書『旧西尾家住宅』(吹田市教育委員会)、山東省文物考古研究所編『鑑耀文魯』(中国・文物出版局)、奈良県立橿原考古学研究所ほか編『鏡笵 漢式鏡の制作技術』(八木書店)、『ルイ・ルルー美術館』(光琳社)などの写真を担当。
【解説者紹介】
今尾文昭(いまお・ふみあき)
1955年兵庫県生まれ。
同志社大学文学部文化史学専攻卒業。博士(文学)。
奈良県立橿原考古学研究所調査課長を経て、現在、関西大学非常勤講師など。
主な著作 シリーズ「遺跡を学ぶ」093『ヤマト政権の一大勢力 佐紀古墳群』(新泉社)、『古代日本の陵墓と古墳1 古墳文化の成立と社会』『古代日本の陵墓と古墳2 律令期陵墓の成立と都城』(青木書店)ほか多数。

宮川徏さんがNHK出演

百舌鳥古墳群の研究と保存運動の第一人者、宮川徏(すすむ)さんが、NHK-TVの「視点・論点」に出演、イタスケ古墳の保存運動と百舌鳥古墳群について語ります。
2月14日(水)NHK[総合]午前4時20分〜午前4時30分、再放送[Eテレ]同 午後1時50分〜午後2時
(突然のニュースで変更される場合あります)

宮川さんの著作は、「戦後復興とイタスケ古墳」文化財保存全国協議会編『文化財保存70年の歴史』2017年、「陵墓公開を求めて30年」『「陵墓」を考える 陵墓公開運動の30年』2019年

今年もご購読ありがとうございました。

2017年も終わろうとしています。今年も、シリーズ「遺跡を学ぶ」のご購読・ご支援、ありがとうございました。
今年は、次の8冊を刊行しました。どの巻・遺跡も思いを込めて懸命に作りました。
来年は、2月頭に3巻同時刊行して、第2ステージの第1期(通算5期)の25冊に到達します。その後も続けて、100冊完結に向けて、さらに充実した内容で面白い本にしていきます。今後も、シリーズ「遺跡を学ぶ」をよろしくお願い申し上げます。

★2017年刊行の8冊
115巻『邪馬台国時代のクニの都 吉野ヶ里遺跡』(七田忠昭著)
116巻『よみがえる金堂壁画 上淀廃寺』(中原 斉著)
117巻『船形埴輪と古代の喪葬 宝塚1号墳』(穂積裕昌著)
118巻『海に生きた弥生人 三浦半島の海蝕洞穴遺跡』(中村勉著)
119巻『東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳』(大塚初重・梅澤重昭著)
120巻『国宝土偶「仮面の女神」の復元 中ッ原遺跡』(守矢昌文著)
121巻『古墳時代の南九州の雄 西都原古墳群』(東 憲章著)
122巻『石鍋が語る中世 ホゲット石鍋製作遺跡』(松尾秀昭著)

『ホゲット石鍋製作遺跡』が紹介されました

長崎新聞に、『石鍋が語る中世 ホゲット石鍋製作遺跡』(松尾秀昭さん著)が紹介されました!
地元長崎県でも、県内に、このような中世を肌で感じることのできる遺跡があることはあまり知られていないと思います。広まってくれることを期待!

「歴史探検の楽しみ 下」が面白い

『京都 知られざる歴史探検』の著者、山田邦和さんの投稿「歴史探検の楽しみ 下」が中日新聞に掲載されました。歴史散歩を楽しむ方にはとても参考になる記事だと思います(東京新聞は24日に)。本書のご購読もよろしく!
山田氏曰く。
「どんな大都市であったとしても、「探検」は成立する。普段は何気なく通り過ぎているような街角に、思いもかけない歴史の物語が秘められている。」「人間が足跡を記したところではどこでも歴史探検は成立する。」

中日新聞、東京新聞にも

『京都 知られざる歴史探検』(上・下巻)の著者、山田邦和さんの投稿が中日新聞・東京新聞に出ました。「歴史探検の楽しみ」というタイトルで、本書のエッセンスを披露されています。記事も、本書と同じく〈上・下〉の2回にわたっていて、〈下〉が今日の中日新聞、24日(日)の東京新聞に掲載されます。