今年もご購読ありがとうございました。

2017年も終わろうとしています。今年も、シリーズ「遺跡を学ぶ」のご購読・ご支援、ありがとうございました。
今年は、次の8冊を刊行しました。どの巻・遺跡も思いを込めて懸命に作りました。
来年は、2月頭に3巻同時刊行して、第2ステージの第1期(通算5期)の25冊に到達します。その後も続けて、100冊完結に向けて、さらに充実した内容で面白い本にしていきます。今後も、シリーズ「遺跡を学ぶ」をよろしくお願い申し上げます。

★2017年刊行の8冊
115巻『邪馬台国時代のクニの都 吉野ヶ里遺跡』(七田忠昭著)
116巻『よみがえる金堂壁画 上淀廃寺』(中原 斉著)
117巻『船形埴輪と古代の喪葬 宝塚1号墳』(穂積裕昌著)
118巻『海に生きた弥生人 三浦半島の海蝕洞穴遺跡』(中村勉著)
119巻『東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳』(大塚初重・梅澤重昭著)
120巻『国宝土偶「仮面の女神」の復元 中ッ原遺跡』(守矢昌文著)
121巻『古墳時代の南九州の雄 西都原古墳群』(東 憲章著)
122巻『石鍋が語る中世 ホゲット石鍋製作遺跡』(松尾秀昭著)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です