『ホゲット石鍋製作遺跡』

跡』(松尾秀昭著)がようやく形になってきました。
長崎県西彼杵半島の山中には良質の滑石層があり、平安末期から戦国時代にかけて、岩壁から石を割り出し、その場でゴリゴリ削って石鍋を作り、列島各地に運ばれていったそうです。
(1)石を切り出し、
(2)内側を削る、
(3)外側を整える、
あとは研磨して出来上がり!
荒々しい職人の息遣いが伝わってくるようです。

『西都原古墳群』完成間近

次回配本の1点の形が出来上がってきました。
10月中旬刊行予定です。ご期待ください!

シリーズ「遺跡を学ぶ」121巻
古墳時代の南九州の雄 西都原古墳群
東 憲章(宮崎県立西都原考古博物館学芸員)

宮崎県中央部に位置する西都原(さいとばる)古墳群には、三〇〇基以上の古墳が存在する。複数の集団がそれぞれ前方後円墳を築造した四世紀代、二基の九州最大の古墳にまとまる五世紀前半、小規模円墳と地下式横穴墓が群集する六世紀代と、台地上に繰り広げられた古墳の展開を明らかにする。

 

『中ッ原遺跡』が紹介されました

シリーズ「遺跡を学ぶ」120巻『国宝土偶「仮面の女神」の復元 中ッ原遺跡』(守矢昌文著)が、『信濃毎日新聞』9月3日の読書欄で紹介されました。
「文字がない時代の実態を、モノで実証しようとする考古学の真髄に触れられる一冊だ」

『京都 知られざる歴史探検』チラシ出来

近刊の『京都 知られざる歴史探検』上・下巻
山田邦和著、46判288ページ、オールカラー、各予価2000円+税、10月刊
のチラシが出来ました。
欲しい方、お近くの方々に配布してくださる方、ご連絡いただければ、お送りいたします。