ホゲット? 石鍋?

「ホゲット」って、何だかわかりますか?
長崎県の西彼杵半島の山中、中世の石鍋製作地の名前ですが、穴をあける「窪める」という意味合いで、北部九州の方々は「うまいこと言ったなあ」と思うそうです。
先月のことになりますが、佐世保の松尾秀昭さんにご案内いただき、現地の石鍋製作を見学しました。
道なき山中に、素材の滑石の鉱脈を探っていって大きな割れ目になった場所やくり抜かれずにのこった鍋の原型をみて、「このような山中で作業をした石鍋が、当時、全国に流通したんだ」と驚いた次第です。
シリーズ「遺跡を学ぶ」で秋に刊行します。内容が固まりましたら、またアップします。

シリーズ「遺跡を学ぶ」120巻

シリーズ「遺跡を学ぶ」第10回配本のもう一冊は、あの有名な国宝土偶「仮面の女神」が出土した、長野県茅野市の中ッ原遺跡です。

シリーズ「遺跡を学ぶ」120巻

『国宝土偶「仮面の女神」の復元 中ッ原遺跡』

守矢昌文(茅野市尖石縄文考古館館長)

2000年8月末、八ヶ岳西山麓の中ッ原遺跡で、仮面を付けた造形の大型土偶が、墓と思われる土坑から、死者にたむけたような位置で見つかった。国宝となった土偶はどんな特徴があるのか、縄文人はこの土偶にどんな願いを込めたのか。発掘を担当した著者が、その秘密を解き明かしてゆく。

目次
第1章 「仮面土偶」の発見
第2章 復元と国宝指定
第3章 中ッ原縄文ムラを探究する
第4章 「仮面の女神」を探究する
第5章 八ヶ岳西山麓の縄文文化の終焉

(中ッ原縄文公園と出土状況のレプリカ)

シリーズ「遺跡を学ぶ」119巻

シリーズ「遺跡を学ぶ」第10回配本の一冊は、以下の通り。
8月初旬発売開始です。ご期待ください。

シリーズ「遺跡を学ぶ」119

『大和政権中央で活躍した東国首長 綿貫観音山古墳』

大塚初重(明治大学名誉教授)
梅澤重昭(元群馬県教育委員会文化財保護課長)共著

東の古墳王国、群馬県。なかでも高崎市の綿貫観音山古墳から出土した華麗な副葬品は、韓国武寧王陵出土鏡と同形鏡や、法隆寺献納宝物の水瓶に似る美しい水瓶など、東アジアとの活溌な交流を見せて群を抜いている。五〜六世紀に大和政権中央で活躍したその被葬者は誰か。その実像に迫る。

目次
第1章 未盗掘古墳の調査
第2章 特異な前方後円墳
第3章 埴輪は語る
第4章 豪華な副葬品
第5章 綿貫観音山古墳と大和政権