『縄文土器ガイドブック』重版

井口直司さん著の『縄文土器ガイドブック』(A5判・2200円+税)を重版することになった。第4刷である!

この企画の発端は、シリーズ「遺跡を学ぶ」で編集している苦労からだった。縄文時代の遺跡の原稿によく「加曽利E式期」とか「諸磯式期」といった土器編年がさらっと登場することが多くて、理解するのに苦労していた。「縄文土器の概略がコンパクトにわかる本がほしいなあ」と思って、そのことを縄文時代研究者の方々に話すと、「縄文土器の全体を見ようなんて、大型本で3、4冊になるよ。一般書1冊でなんてとんでもない!」と言われた。井口さんには、それをやってもらったわけだ。

今日は、井口さんと打ち合わせをするために、井口さんの職場である東京都東久留米市の郷土資料室を訪ねた。その小さな展示室に、市内の遺跡から出土した縄文土器が壁一面に展示してある。

東久留米という武蔵野の一地域内の土器ではあるけれども、土器の変化と特徴が一目で展望できて、わかりやすい。もっと見た目のすごい土器を展示している博物館はたくさんある。しかし、一つ一つの土器に圧倒されることはあっても、縄文時代全体をとおして縄文土器とはどんなものだったのかが見えてくる博物館はめったにない。『縄文土器ガイドブック』がわかりやすい本になったわけがわかった。ぜひ、東久留米市郷土資料室に見に行ってほしい。

「倭人の祭祀考古学」編集開始

3月末の新刊ラッシュを終え、新しい本作りを始めている。毎年4月、5月にもコンスタントに新刊を刊行しようと思うのだが……。

今日は、『倭人の祭祀考古学』の第1次原稿整理を終えた。著者は、奈良大学の小林青樹教授。弥生時代の祭祀、弥生人の精神世界を、さまざまな考古学的知見と文化人類学の分析手法なども取り入れて追究していこうとするものだ。

実証主義を重視する考古学では苦手な精神世界を少し切り開いていこうとする知的格闘を、十分楽しんでもらえるような本作りを目指している。特に、図版。今まで見たこともない図で、それだけに制作に力を入れなくては。

5月中に完成させ、6月頭には発売しようと頑張っています……。