シリーズ遺跡を学ぶ117・118出来

24日(金)に、シリーズ「遺跡を学ぶ」117巻『船形埴輪と古代の喪葬 宝塚一号墳』、118巻『海に生きた弥生人 三浦半島の海蝕洞穴遺跡』の見本が無事出来た。書店には4月に入れば並ぶだろう。

今日は、118巻『海に生きた弥生人 三浦半島の海蝕洞穴遺跡』の著者、中村勉さんに見本を渡すために、横須賀市自然・人文博物館で開催された、横須賀考古学会主催の研究集会「墳丘を持たない古墳時代の石棺墓」に行ってきた。

墳丘もなく、海岸にある石で囲んだだけの古墳時代の簡単な墓が、このところ列島各地の海に面した場所で見つかっているという。その事例を発表し、何かを考える集会だ。多くの参加者があって活発な議論があった。

奈良県や大阪府の巨大古墳をみんなが言及するのは、そこから当時の日本の権力の動向を見ることができるから。群馬などの地域の巨大古墳も、その地域の首長・権力を解明するためだろう。では、墳丘もない簡素な石棺墓は、何のために探究するのか。

『海に生きた弥生人 三浦半島の海蝕洞穴遺跡』を編集させていただいた浅学が思うには、主催者側の中村さんはご自分の発表以外はあまり発言しなかったけれども、巨大古墳から権力のヒエラルキーを見てしまうような歴史観ではなく、地域地域にそれぞれの独自の生き方と、そうした人たちの列島のつながりがあるということから歴史に組み立てようよ、と言いたかったに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です