N・ルーマン著『理念の進化』

久しぶりにニクラス・ルーマンの新刊を刊行します。4月初旬には書店店頭に並びます。

N・ルーマン著/土方透監訳『理念の進化』
(A5判上製/320ページ/定価3800円+税)

ルーマンは1998年に亡くなっていますから、2008年にドイツで刊行された本書は落ち穂拾いのような寄せ集めの論文集と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、本書に収録された論考は、『社会構造とゼマンティク』のシリーズに入れる構想でまとめられていたものでした。以下の目次を見ると納得していただけると思うのですが、近代の「思考」の前提・根底・中枢となっている、「進化」「階級」「科学(真理性)」「合理性」などの概念を問い直すものです。

●目次
第1章 意味、自己言及、そして社会文化的進化
第2章 社会階級の概念について
第3章 科学の発生──認識獲得システムの分出
第4章 近代社会の合理性
第5章 社会学的パースペクティヴにおける理念史

次のような文章は、ルーマンらしいと言うべきか、意外と言えるでしょうか。

「実際のところどうであったのかを確かめる任務を与えられ、野に出た研究者たちは二度と戻ってこない。獲物を仕とめてくることもなければ、報告することもない。細部の虜となった彼らは嗅覚を働かせ、いつまでもその場にとどまる。」

「個別の歴史的発展にとっての決定的な原因を探そうとすることもナンセンスである。カール・マルクスとマックス・ヴェーバーは、その信奉者たちがどのような追加的な詭弁を弄して抗弁しようと、そうしたアプローチをとっていることからして、お払い箱にされる。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です