『入門 家族社会学』

金曜日の夜9時に東京駅近くの中央郵便局に行って、執筆者へ校正紙を速達で送った。その本は『入門 家族社会学』。家族社会学の若手研究者13名が、自分たちが教えたいテキストを作ろうということで始まった企画である。4月から使えるようにと、最後の校正に追われているわけだ。

熟練研究者の学生が疑問に思うところ理解しがたいところをよく知っていて、十分配慮がゆきとどいたテキストもいいが、今の問題点をそのまま出したような、ゴツゴツした、ちょっとこだわりが強い若手研究者との本作りも楽しい仕事だ。

「これを知ってほしい!」「このことを訴えたい!」という熱意のある、「ひと味違う」テキストを3月中に刊行する予定だ。

116巻は『上淀廃寺』

シリーズ「遺跡を学ぶ」の115巻『吉野ヶ里遺跡』と同時に刊行するのは、116巻『よみがえる金堂壁画 上淀廃寺』(中原 斉著)である。鳥取県の旧淀江町の上淀集落でみつかった、今は廃れてしまった寺院ということで上淀廃寺というとのこと(現在は米子市)。元は飛鳥寺、法隆寺といった寺名があったはずだが今はわからない。

その上淀廃寺から、壁画が描かれていた金堂の壁材片が出土した。白鳳時代の金堂壁画というと法隆寺金堂壁画しか知られていなかったので、驚きをもって迎えられた。金堂は奈良時代に炎上した。そのために焼け締まって、かえって土の中で腐食せずに残った。しかし、焼けたために、描かれた絵の具の成分により、消えてしまった絵の具があり、白鳳当時の煌びやかな世界がそのまま残ってはいない。

ひとつひとつの壁画片から元の壁画を復元してゆくのが本書のストーリーの骨格になる。壁画片ひとつひとつの写真、そして復元した壁画の画像、それと法隆寺金堂壁画、さらに敦煌莫高窟の壁画と塑像の写真も掲載したので、白鳳の仏教彩色仏教壁画の世界を楽しんでほしい。(結構、費用がかかりました)

上淀廃寺の壁画はかなり熟練した画工によるという。著者は、法隆寺壁画を描いた人物(工房)との関連性も想像している。

『吉野ヶ里遺跡』の制作終了

シリーズ「遺跡を学ぶ」次回配本の115巻『邪馬台国時代のクニの都 吉野ヶ里遺跡』の制作がやっと終わった。本来ならば1月末刊行の予定だったので、1ヶ月近く遅れたことになる。見本は今週の水曜日22日の予定。書店に並ぶのは3月1日頃になる。

吉野ヶ里遺跡というと、原寸大復元した歴史公園に行ったことのある人も多いだろうし、多くの人がその映像を見たことがあるだろうし、著者の七田忠昭さんはさまざまな場と形で吉野ヶ里遺跡を語っているので、本シリーズ「遺跡を学ぶ」はどのような特徴のある内容にするかが悩んだ点だった。

総花的に触れるべき点は触れたが、最終的には、弥生時代前期から終末期まで誕生、発展、終息してゆく「吉野ヶ里集落」の内容をていねいに解説することを七田さんにお願いした。
「結局、吉野ヶ里遺跡とは何なのか?」という疑問をみなさん持っていると思うが、本書をぜひ読んでみてほしい。