シリーズ「遺跡を学ぶ」110巻

前回、第109巻『最後の前方後円墳 龍角寺浅間山古墳』の紹介をしたが、同時配本の第110巻を紹介していなかったので、ご説明しておこう。2冊とも、この週末には書店で発売になっている。

第110巻は『諏訪湖底の狩人たち 曽根遺跡』(三上徹也さん=長野県の高校教諭)

遺跡シリーズ110カバー_ol

「諏訪湖底の狩人たち」というタイトルは、湖底から人骨が見つかったといった具体的なことではなく、象徴的な意味合いでつけた。「狩人」には二重の意味があって、一つは湖底に沈む曽根遺跡から掻き上げた膨大な数の石の矢尻(石鏃)を使って狩りをしていた旧石器時代から縄文草創期の狩人たち、もう一つは湖底に遺跡がある謎と美しい石鏃に魅せられて曽根研究に取り組んだ考古学の狩人(研究者)たちだ。
考古学の狩人たちの物語は明治末期までさかのぼる。1909年(明治42)に、地元の小学校教師、橋本福松が石鏃を発見し遺跡であることを確認する。すぐに、東京帝国大学に人類学教室を創設した坪井正五郎が関心を示して調査し、その後、考古学者として名高い鳥居龍蔵や戦後考古学会の重鎮となる八幡一郎が、そして戦後は、のちに日本考古学界をリードすることになる戸沢充則が中学生のときに、さらに在野の考古学者として著名な藤森栄一が取り組む。それぞれの「狩人」たちが、それぞれの課題と人生を賭けて諏訪湖底に挑んだ姿を、諏訪湖畔の街、岡谷に生まれ育ち、少年時代から考古ボーイであった著者が生き生きと描き出す。
ただし、本書の本当の面白さは、著者を含めて諏訪地域の若手(?)研究者が、すでに語り尽くされたと思われていた曽根をあらためて探究した後半の部分にあると編集子は思っている。発掘調査できないため、過去の資料を見直して、いつの時代の遺跡なのか、見えない湖底の層位などを確定していく。さらに、膨大な石鏃を丹念に調べ、どんなふうに矢尻をつくったのか、なにを狩猟したのかと、太古の「狩人」たちに迫っていくところは推理小説のようだ。
そして最後に、なぜ湖底にあるのかの謎を解明する。それは……本で読んでいただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です